本文へスキップ

多岐にわたるエネルギー問題に対して、私たち個々人の多様な意見を発信する会

エネルギー会

会の紹介profile

エネルギー会は、エネルギーの確保と安定供給は必要不可欠と考えています。

組織・役員(2016年)

役職 名前 その他
代表幹事 針山 日出夫
座談会幹事まとめ役 早野 睦彦 会計幹事兼務
HP編集委員まとめ役 齋藤 健彌 新会員担当兼務

エネルギー問題に発言する会の紹介

 このホームページは、日本のエネルギーに関する技術から社会面に至までの諸問題について、現役時代の知識と経験を持つ者が積極的に発言するスクエアです。運営は、「エネルギー問題に発言する会」(略称「エネルギー会」)で行っています。

エネルギー会は2011年12月で設立10年を迎えました。また、代表幹事も2001年1月に発足以来ご尽力いただいた林勉氏から金氏顕氏に交代しました。
 さらに、2016年4月から、第2代の代表幹事金氏顕氏から、針山日出夫氏に交代いたしました。

設立10年の歩みと第2代代表幹事の挨拶、および第3代代表幹事針山日出夫氏の挨拶を掲載しました。下記をクリックして参照下さい。

「10年の歩み」

「代表幹事金氏顕のご挨拶」
 「代表幹事針山日出夫のご挨拶」

   

設立の趣旨と活動の紹介

私たちの暮らしはもとより国の繁栄にはエネルギーの確保と安定供給は必要不可欠です。特に、エネルギー資源に乏しいわが国にとって、原子力発電は、現在は勿論、将来においても基盤エネルギーとしてなくてならないものです。

この思いを世に積極的に発言して行こうと、原子力を中心にこれまでエネルギー産業や技術開発に従事してきた者が集まり、この会を設立しました。

多くの方々にエネルギー問題を正しく理解し、判断していただくよう、私たちOBの知識と経験で協力したいと考えています。

詳しくは、「設立趣意書」「活動内容」をクリックしてご覧下さい。

趣意書に賛同して当会に入会したい方は「入会案内」をご覧下さい。

エネルギー問題に発言する会(エネルギー会)
 会の活動は全て個々人のボランティア活動であり、事務所はありません。連絡は「問合せ先」にお願いいたします。