本文へスキップ

多岐にわたるエネルギー問題に対して、私たち個々人の多様な意見を発信する会

エネルギー会

エネルギー関連書籍の紹介。関連図書の書評。

エネルギー関連書籍の紹介
topics 
小池・小泉「脱原発」のウソ
 著者:金子熊夫、小野章昌、河田東海夫
 (著者3名ともエネルギー会会員)  

 無資源国日本のエネルギー事情の厳しさは多言を要さず、私たちに残されている選択肢が極めて限られていることも容易に理解できるはずです。つまり、原子力は、好き嫌いに関係なく、日本にとって必要不可欠なエネルギーであるということです。(「はじめ」より)
 飛鳥新社 11月7日発刊。¥1,389
 目次および購入案内 

福島はあなた自身 災害と復興を見つめて
編者 一ノ瀬正樹、早野龍吾、中川恵一
福島民報社 2018/2/9初版¥2,000+税
目次

そしてドイツは理想を見失った
著者 川口マーン恵美
角川新書 2018/3/10 初版 \860+税
目次

 


エネルギー関連図書の書評

     
     
     
     

エネルギー問題に発言する会(エネルギー会)
 会の活動は全て個々人のボランティア活動であり、事務所はありません。連絡は「問合せ先」にお願いいたします。