本文へスキップ

多岐にわたるエネルギー問題に対して、私たち個々人の多様な意見を発信する会

エネルギー会

座談会報告LECTURE2

「再生可能エネルギーを例とした報道の考察」
   第179回座談会(2017/7/20)
話題提供者:川西康平氏(公益財団法人 地球環境戦略研究機関フェロー)
座長:針山日出夫
本来、エネルギー安全保障、気候変動対策から再生可能エネルギーと原子力エネルギーは互いの欠点を克服し共存すべきである。しかし、互いの欠点を指摘して足の引っ張り合いをしている。
メディアの影響が大きいが、メディアは真実を語るよりは偏った報道になりがちである。再生可能エネルギーの欠陥を指摘する報道番組を例にとり、その間違いを指摘したい。
 座談会議事録
 座談会資料(再生可能エネルギーを例として報道を考察する)
「測って、伝えて、袋小路。ーどこで掛け違ったのだろうー」
   第178回座談会(2017/6/15)
話題提供者:早野龍五氏(東京大学名誉教授)
座長:齋藤伸三
早野龍五先生は東電福島第一原子力発電所事故後いち早く放射線情報をインターネットで発信し、以来放射線データをベースとして福島県民と被ばく問題について正面から向き合って来た。その経験を踏まえたお話を伺い、福島県民の声を知るとともに我々当事者としてどのような活動ができるのか、課題と対応を考えるうえでの示唆を期待してお話しを伺った。
 座談会議事録
 座談会資料(測って、伝えて、袋小路。)
「エネルギー安全保障と合意形成」
   第177回座談会(2017/5/18)
話題提供者:小伊藤優子氏(拓殖大学博士課程修了:安全保障博士)
座長:石井正則
英国のEU離脱、米国の保護主義的政策など国際情勢の不透明性が増す状況において、我が国における総合的安全保障の強化は喫緊の課題である。福島第一原子力発電所事故後、発電所の再稼動は遅々としており自給率の低迷が続いている。さらに、もんじゅの廃炉が決定され、準国産資源としてのPu利用・開発方針は不明確なままである。今回の座談会では、基地問題に係る合意形成の課題と原発推進に係る合意形成の構造的課題との類似性にも着目したうえで、基地政策との比較論考並びに合意形成メカニズムについての研究成果の概説がなされた。
座談会議事録

「原子力機構の主要な動向」
   第176回座談会(2017/4/20)
話題提供者:塩月正雄氏(日本原子力研究開発機構・大洗研究センター所長)
座長:坪谷隆夫
日本原子力研究開発機構(以下「原子力機構」という)はその前身である日本原子力研究所(原研)と原子燃料公社の発足から60年以上が経過し、各施設の老朽化や研究内容の統廃合が問題となってきた。今回、昭和58年に旧動燃に入社以来、放射性廃棄物の処理処分問題等に長年にわたり携わり、2年前から原子力機構の事業計画統括部で全体計画の策定に今年3月まで関与されていた塩月氏に「もんじゅの廃炉」「東海再処理施設の廃止措置」「人形峠のウランと環境研究プラットフォーム」「所属する89施設の中長期計画」について話を伺った。
 座談会議事録 
 
座談会資料:原子力機構の主要な動向 
「スロバキアから見た世界・・エネルギー問題に焦点を当てて・・」
   第175回座談会(2017/3/16)
話題提供者:高松 明氏(元・在スロバキア日本国大使)
座長:荒井利治
中欧の国スロバキアは1993年1月1日に当時のチェコスロバキアから分離独立した。1918年にチェコスロバキアとして独立する前は、スロバキア人は約1000年間に渡りハンガリー王国北部に住む少数民族として、また、第2次大戦後は、社会主義圏の国として40年以上、困難な時代を過ごしたが、現在、EUおよびNATO加盟国として、また、EURO圏の国として着実に発展している。その自然は山地が多く、日本によく似ており、また国民性も寡黙・勤勉で日本人に似ている。農業国というより工業国である。その国スロバキアから世界がどのように見えるのか、エネルギー問題に触れつつ話題を提供された。
 座談会議事録
 座談会資料 スロバキアから見た世界

「IEA世界エネルギー見通し2016から見える再生可能エネルギーとシェール資源の限界」
   第174回座談会(2017/2/16)
話題提供者:小野章昌氏(エネルギー会会員)
座長:早野睦彦
国際エネルギー機関(IEA)の最新レポート「世界エネルギー見通し2016」は、「新政策シナリオ」(パリ協定に基づいて各国が提出した約束草案を加味して2040年までのエネルギー需要を展望したフォアキャスト手法による予測)と「450シナリオ(温暖化を2℃以内に抑えるための2100年のCO2排出量ゼロを目標としたバックキャスト手法による予測/大気中CO2濃度450ppm(2040年目標))」他を報告している。本座談会では本レポートの骨子に関する説明とこれら諸問題に関する講師の知見または見解が説明され、活発な議論がなされた。
座談会議事録
座談会資料 パートT:地球温暖化は避けられない
      パートU:太陽光・風力発電の限界
      
パートV:シェール資源の限界
「2050年に向けたエネルギービジョン及びその中での原子力の役割」
   第173回座談会(2017/1/19)
話題提供者:都築和泰氏((財)エネルギー総合工学研究所:主幹研究員)
座長:針山日出夫
昨年発効したパリ協定においては、世界共通の長期目標として2℃目標のみならず1.5℃への言及が行われた。本講演においては、その実現に向けたエネルギー構成の試算結果を示し、目標実現には「社会の変革」が必要となること、原子力もほぼ必須の技術オプションと位置づけられることを可能な限り定量的に議論する。さらに、日本のエネルギー需給を巡る状況を考慮すると、原子力の必要性が相対的に高いということも示す。
参考資料:座談会資料(都築)
      座談会議事録
「NRRCの活動状況、およびリスク情報活用に係る今後の課題」
   第172回座談会(2016/12/15)
話題提供者:示野哲男氏(電中研、原子力リスク研究センター副所長)
座長:石井正則
東電福島第一原子力発電所事故の教訓として、規制の枠内にとどまらず、事業者が原子力のリスクと向き合い、自主的に安全性を向上させることが不可欠と認識された。前回のJANSIの安全性向上活動に引き続き、原子力リスク研究を司るNRRCの示野副所長にその活動状況とリスク研究に基づくリスク情報の活用についての今後の展望をお話しいただいた。
参考資料:
座談会資料(示野)
     座談会議事録 
「JANSIの改革と挑戦」 第171回座談会(2016/11/17)
話題提供者:松浦祥次郎氏原子力安全推進協会(JANSI)理事長
座長:河原SNW会長
2015年5月にJANTIから改組されたJANSIの目指すところについて松浦代表(当時)にご登壇願った。その後、3年半たち、現在の原子力の状況を踏まえ、改めてJANSIの活動と今後の展開についてお話しいただいた。
 参考資料:座談会議事録

「我が国の燃料サイクルについて」 第170回座談会(2016/10/20)
話題提供者;池田信夫氏(アゴラ研究所所長)
コメンテーター:小野章昌氏、河田東海男氏  座長:早野睦彦
講師の池田氏は原子力利用については前向きに取り組むことに異論はないものの、核燃料サイクルについては経済学的視点から疑問を呈しており、各方面で持論を展開している。今回、座談会でそのご意見を伺うことにした。なお、「ウラン資源問題」で小野章昌氏、「核燃料サイクル」で河田東海男氏がそれぞれコメントした。
 参考資料:座談会議事録
      座談会資料(池田)
      ウラン資源問題(小野)
      核燃料サイクル問題(河田) 

エネルギー問題に発言する会(エネルギー会)
 会の活動は全て個々人のボランティア活動であり、事務所はありません。連絡は「問合せ先」にお願いいたします。